“鯱立”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しゃっちょこだ50.0%
しやちほこだ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鯱立”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
魚断うおだち菜断さいだち穀断こくだちと、茶断ちゃだち塩断しおだち……こうなりゃ鯱立しゃっちょこだちだ。)
木の子説法 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ひよいと飛上とびあがるのもあれば、ぐる/\と歩行あるまはるのもあるし、どうばして矢間やざまからて、天守てんしゆむね鯱立しやちほこだちにるのもえる。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)