“駿河国”の読み方と例文
旧字:駿河國
読み方割合
するがのくに100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
静岡の人福島竹次郎の長女で、県下駿河国安倍郡豊田村曲金の素封家海野寿作娘分である。脩は三十五歳、さだは明治二年八月九日生であるから二十歳であった。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
なるほど、この福士から富士川を上って徳間へかかって、駿河国庵原郡へ出る道は記してございますな。明日はこの道をひとつ、行ってみようというんでございますな
大菩薩峠:08 白根山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
祖父興津右兵衛景通永正十一(十七)年駿河国興津に生れ、今川治部大輔殿に仕え、同国清見に住居いたし候。永禄三年五月二十日今川殿陣亡遊ばされ時、景通御供いたし候。
興津弥五右衛門の遺書 (新字新仮名) / 森鴎外(著)