“飲水”の読み方と例文
旧字:飮水
読み方割合
のみみず100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
門の左側に、井戸が一個飲水ではないので、めて塩ッ辛いが、底は浅い、んでざぶざぶ、さるぼうでらるる。
星あかり (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
別に鶏小屋の中へは飲水を入れておきますがその水の中へ釘の折れとか鉄の屑を入れておくと鉄分が鶏の薬になります。
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
それが如何なるわけで今日のように、頭上運搬というものがめずらしくなったのかというと、これもわたしは飲水が主たる原因であったと思っている。
母の手毬歌 (新字新仮名) / 柳田国男(著)