“飲乾”の読み方と例文
読み方割合
のみほ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
主客の間にこんな挨拶が交されたが、客は大きな茶碗の番茶をいかにもゆっくりと飲乾す、その間主人の方を見ていたが、茶碗を下へ置くと
鵞鳥 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
嬉しと心を言へらんやうの気色にて、彼の猪口せし酒を一息飲乾して、その盃をつと貫一に差せり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
丑松は其を受取つて、一息にぐいと飲乾して了つた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)