“鞘師”の読み方と例文
読み方割合
さやし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
金田氏は刀剣の鞘師でありましたが、後牙彫商になって浅草向柳原に店を持っている貿易商人で、に上等品を取り扱っているので
の違いのあるのは気がつかない。精々二三円のところをって得意がっているから、仕事が小さい。僕は十円以下は問題にしない。相場師は要するに鞘師だ。
勝ち運負け運 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
皆様御案内のことでござりますが、其時豊公御寵愛りました、鞘師曾呂利新左衛門といふ人が、此事いて、も一つやつて見たうござる、とふので
落語の濫觴 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)