“鞘當筋”の読み方と例文
新字:鞘当筋
読み方割合
さやあてすぢ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
日頃の鞘當筋で、これを切つかけに憎惡が燃え上がり、『お前だ』、『いやうぬだ』、『何をツ』、『錢形の親分のところへ來いツ』と、もつれ合ひ乍ら
兎も角、鞘當筋の有太郎に、お歌はあんな綺麗な顏をして居るが、實は大泥棒の鼬小僧だ。その證據はこれ/\と吹込んで、有太郎を諦めさせようとしたことだらう
あの新鮮で清潔で馥郁たる魅力の持主——お夏に興味を持つてゐることは事實で、二人の師匠が、鞘當筋で喧嘩をしたとしたら、金之助にとつて、それはまことに