“難問題”の読み方と例文
読み方割合
なんもんだい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ちやんは立停り、其兩面らうとして一めてみました、それが眞圓だつたので、これは厄介難問題だとひました。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
おれは試験場でへそをなでなかったが、難問題にぶつかったときに先生のこの言葉を思いだした、そうして
ああ玉杯に花うけて (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
早くもさっしたから、よけいにこの難問題決断がつかなかった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)