“降立”の読み方と例文
読み方割合
おりた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夜半に一度、隣に寝ている男の呻声を聞いて為吉は寝苦しい儘、裏庭に降立ったようだったが、昼間の疲労で間もなく床に帰ったらしかった。
上海された男 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
は唯茫然とこのもいわれぬ夜の気に打たれていたが、する忽然わが家の縁先から、こは如何に、そっと庭の方へと降立つ幽霊のような白い物の影。
散柳窓夕栄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
が、何だか沈着いても居られないので、市郎は洋服身軽に扮装って、庭前降立った。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)