“附髷”の読み方と例文
読み方割合
つけまげ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其れは別段驚くべき事でもないが、床屋の店飾棚附髷、前髪の添毛で満たされて居るのを見ると、等の需要の多い事がる。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
先日のいきさつから附髷を用いている事なぞは忘れてしまい、音がして頭から落ちたもののあるのに気がつかなかった。
マダム貞奴 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
五百石を上地し、別當は還俗して神主になり、名も前田道臣と改め、髮の伸びるまでを附髷にして、細身の大小を差し、りに女を買つて歩きなぞした。
天満宮 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)