“阿含”の読み方と例文
読み方割合
あごん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
譬喩を以ていふときは、き立實論は阿含の如く、りたる主觀想論は般若の如く、先天立實論は法華涅槃の如し。
柵草紙の山房論文 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
されば大恩教主阿含説法志道軒隆々木陰揮回す、皆之れこ〻の呼吸呑込んでのなり。
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)
譬喩は即ち寓話です、寓話は即ち子供だましです、およそ四諦十二因縁のわからぬものにも譬喩はわかります、阿含華厳の哲学に盲目なものも、寓話の手裏剣には胸を貫かれるのです。
大菩薩峠:41 椰子林の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)