“踏躪”の読み方と例文
読み方割合
ふみにじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこか此処かと声するを辿って行くと、が上にも生い茂れる熊笹や歯朶の奥に於て、に人のくを聞いた。そこらの枝や葉は散々踏躪られて、紅い山椿のが二三輪落ちていた。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
葬儀でもした後と見え、祭壇をこしらえた一段高いところに作付けの燭台に蝋燭が燃え残り、床の上には棺に供えた団子や供養の金箔紙白蓮花の仏花などが落ち散って無残に踏躪られている。
御免なせえまし、御新姐様、御免なせえまし、と夢中ながら一心に詫びると、踏躪られる苦悩の中から、目を開いて、じろじろと見る瞳が動くと、口も動いて、莞爾する、……その唇から血が流れる。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)