“羽化登仙”の読み方と例文
読み方割合
うかとうせん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そいつが吾輩と同様独身者の晩酌で、羽化登仙しかけているところへ、友吉の屍体をぎ込んで、何でもいいから黙って死亡診断書を書いてくれと云うと
爆弾太平記 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
飛行自在を望むならば、肉身の人間を忘れてしまって羽化登仙の風になるがいい。完全に肉身を忘れた時、初めて風になれるのじゃ。常陸は立派な人間であって精神の鍛錬は出来ている。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
紅塵万丈の熱鬧世界を遠く白雲緬邈の地平線下に委棄しって、悠々として「四条五条の橋の上」に遊び、「愛鷹山や富士の高峰」の上はるかなる国に羽化登仙し去るのである。
謡曲黒白談 (新字新仮名) / 夢野久作(著)