“緬邈”の読み方と例文
読み方割合
めんばく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
紅塵万丈の熱鬧世界を遠く白雲緬邈の地平線下に委棄しって、悠々として「四条五条の橋の上」に遊び、「愛鷹山や富士の高峰」の上はるかなる国に羽化登仙し去るのである。
謡曲黒白談 (新字新仮名) / 夢野久作(著)