“緬”の読み方と例文
読み方割合
めん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
水いろちりのお高祖頭巾をかぶったままの、軽業お初が、廊下の薄暗さをにして、そッと、障子越しに片膝をつくように、耳をすましているとも知らず、夜更けの宿の灯の下に、ひッそりと
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)