“網船”の読み方と例文
読み方割合
あみぶね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「先生、ぼくはもう、金毘羅さんやこい、うちの網船で、三べんもいったから、いきません」
二十四の瞳 (新字新仮名) / 壺井栄(著)
中川へ網船に誘い出し、船の上から突落して殺そうという事をが立聞しましたゆえ、源次郎お國をひそかに殺し、自分は割腹しても何うか恩ある御主人を助けたいと思い
をちら/\と陽炎に、になりさうで、名所ばれる。手輕川蒸汽でもさうである。や、そのんで、十四五艘網船田船いてた。
城崎を憶ふ (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)