“網船屋”の読み方と例文
読み方割合
あみぶねや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この先の網船屋から、堀部様を初め、時には七八人、時にゃあ十人以上も、船を借りて沖へ出なさる事があるから、それなども、何か下相談でもしているんじゃねえかと、お噂しているんですが
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)