“網船頭”の読み方と例文
読み方割合
あみせんどう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
網船頭なぞというものはなおのことそうです。網は御客自身打つ人もあるけれども先ずは網打が打って魚を獲るのです。といって魚を獲って活計を立てる漁師とはう。
幻談 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)