“細上布”の読み方と例文
読み方割合
ほそじょうふ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
梅子は枝豆の甘皮酸漿のやうにへ、口の所を指尖み、に当ててぱちぱちと鳴らしてゐる、そこへ下より清さんがおですとの知らせと共に、を上り来る清二郎が拵は細上布帷子
そめちがへ (新字旧仮名) / 森鴎外(著)