“納戸茶”の読み方と例文
読み方割合
なんどちゃ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
薬研堀不動様へ、心願があってのりがけ、のかかったお納戸茶半合羽奴蛇みにして、中小僧市松につれた、紙問屋橘屋若旦那徳太郎
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)