“粉挽臼”の読み方と例文
読み方割合
こなひきうす100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
という有名な一続きがあるが、前句が向いの亭主、受句が十夜だからこのから臼は、粉挽臼であることが察せられる。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
知られてはならぬ、気取られてはならぬというようなであるのに、まあ! も、屋根も、居酒屋のにかかった杉の葉も、百姓屋の土間えてある粉挽臼も、皆目を以て
星あかり (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
られてはならぬ、氣取られてはならぬといふやうなであるのに、まあ!も、屋根も、居酒屋にかゝつたも、百姓屋土間ゑてある粉挽臼も、て、じろじろめるやうで
星あかり (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)