“箱挑灯”の読み方と例文
読み方割合
はこちやうちん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
聞出し今日ぞ旦那さまをお助申時なりと大に悦び一の願書をめ天へもる心地にて梅ヶといふ處に待しに聞しにはず夜にと右三人の供人定紋付箱挑灯を先に立
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)