“紅挑灯”の読み方と例文
読み方割合
べにちょうちん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
楊雄夫妻も大賛成で、日ならずして“開店大売出し”の爆竹(花火)、ちらし、慶祝の紅挑灯などが、どんちゃん、ここの街角をにぎわした。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)