“第一端艇”の読み方と例文
読み方割合
だいいちたんてい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
るに苦心無益であつた。第一端艇波上ぶやなや、數百は、雪崩其處れかゝつた。