“笛太鼓”の読み方と例文
読み方割合
ふえたいこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
音はと思うに、きりはたりする声は聞えず、山越えた停車場笛太鼓、大きな時計のセコンドの如く、胸に響いてトトンと鳴る。
春昼後刻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
雨風祭の折は一部落の中にて頭屋び定め、里人集まりて酒を飲みてのち、一同笛太鼓にてこれを道の辻まで送り行くなり。笛の中にはの木にて作りたるホラなどあり。これを高く吹く。
遠野物語 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
橿原の奥深く、るように低くの立つあたり、背中合せが停車場で、その腹へ笛太鼓の、異様に響くめた。其処へ、遥かにわせ、しばらく茫然とした風情であった。
春昼後刻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)