“石扉”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いしど50.0%
せきひ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“石扉”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
また、中室との境界さかいには、装飾のないいかめしい石扉いしどが一つあって、かたわらの壁に、古式の旗飾りのついた大きな鍵がぶら下っていた。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
「いずれ要所ようしょ要所には、石扉せきひてたり岩石がんせき組木くみきんで、ふだんは通れぬ仕掛しかけになっているだろう。それをおまえたちのつちでいけるところまでりぬいていくのだ」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)