“病児”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
びやうじ66.7%
びょうじ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“病児”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
おもなる病児びやうじかすかに照らされてまよひわづらふ。
東京景物詩及其他 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
光れる釣鐘草つりがねさうのなかに頬をうづめたる病児びやうじのごとく、
東京景物詩及其他 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
ところが、いつの場合にも、私のこの、フーワリとした紫の夢は、たちまちにして、近所のおかみさんのかしましい話声や、ヒステリーの様に泣き叫ぶ、其辺そのあたり病児びょうじの声にさまたげられて、私の前には、又しても、醜い現実が、あの灰色のむくろをさらけ出すのでございます。
人間椅子 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)