“特筆大書”の読み方と例文
読み方割合
とくひつたいしょ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
東京で見る寿司屋の看板のすべては(京阪地方においても同じ)握り寿司屋であるかぎり、みながみな「江戸前」なる三字を特筆大書している。
握り寿司の名人 (新字新仮名) / 北大路魯山人(著)
それから最後に特筆大書しておくべきは、田鍋課長が目賀野を証人として、烏啼に会わせたところ、目賀野がびっくりして烏啼を指して叫んだ。
鞄らしくない鞄 (新字新仮名) / 海野十三(著)
昨今、赤羽君は成金として自伝を郷里出身の文士に頼んでいるそうだが、この辺は特筆大書をさせてやりたい。
凡人伝 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)