“大手筆”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
だいしゅひつ50.0%
だいしゆひつ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が、この大根気、大努力も決して算籌外には置かれないので、単にこの点だけでも『八犬伝』を古往今来の大作として馬琴の雄偉なる大手筆を推讃せざるを得ない。
八犬伝談余 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
著者 George Eekhoud は白耳義近代の大手筆なり。声名しもカミユ・ルモニエエの下にあらず。