“本領安堵”の読み方と例文
読み方割合
ほんりょうあんど100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
光秀どのが最もつよくいわれている重点はそこで、たとえ御開城あるとも、誓って、本領安堵と御家名の存続はけあうとの固い御約定を示されておる。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
孝助が主人の敵を討ったて飯島平左衞門の遺言に任せ、孝助の一孝太郎を以て飯島の家を立てまして、孝助は後見となり、芽出度く本領安堵いたしますと、其の翌日伴藏がお仕置になり
秀吉は予定のごとく勝豊を降し、まずこの要地を自陣に加えたが、守将はそのまま柴田勝豊に命じ、本領安堵墨付を与え、転じてさらに、岐阜へ前進したのであった。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)