“暄”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かしま50.0%
けん50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
金村かなむらつまちて、はづかしきことなからずはとおぼせども、さしおきがたき沙汰さたとにかくにかしましく
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
南縁なんえんけんを迎うるにやあらん、腰板の上にねこかしらの映りたるが、今日の暖気に浮かれでし羽虫はむし目がけて飛び上がりしに、りはずしてどうと落ちたるをまた心に関せざるもののごとく、悠々としてわが足をなむるにか、影なるかしらのしきりにうなずきつ。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)