“日本画”の読み方と例文
読み方割合
にほんぐわ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
写本挿絵担当した画家二人で、一人積翠工学士大沢三之介一人緑芽法学士松岡鉦吉積翠鉛筆画得意で、水彩風のもき、器用日本画つた
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)