“揚団子”の読み方と例文
読み方割合
あげだんご100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
中野の原のお犬小屋をうかがい、揚団子いて、木の上に夜を明かしていた大亀や阿能十なども、いずれは、こうした時代の子にはちがいない。
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
味噌久に背負わせて来た風呂敷には、犬どもの食欲をそそるにちがいない魚肉の揚団子が大きな魚籠にいっぱい入っていた。味噌久を踏み台にして、阿能十が板囲いの内をのぞく。
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
古金銀の隠匿闕所になり、浮浪の仲間入りしている味噌久を、口のかたい男と見て、鼠捕り薬を入れた揚団子を背負わせ、人目につかぬ道まで苦労して、はるばるその決行に来たのだった。
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)