“掻載”の読み方と例文
読み方割合
かきの100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
満枝はさすがを悔いたる風情にて、やをら左の掻載せ、牡丹の如くへる紅絹裏りつつ、彼のるる目遣してゐたり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)