“据身”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
すえみ66.7%
すゑみ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“据身”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
主税は小芳の自分に対する情があだになりそうなので、あるにもあられず据身すえみになって、
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
こわい顔をして私をめたから、あとじさりをして、そッと見ていると、呼吸いきもしないで、じっとして、石のように黙ってしまって、こう据身すえみになって、中空を貫くように、じりっと棹をのばして、ねらってるのに、頬白は何にも知らないで、チ、チ、チッチッてッて、おもしろそうに、何かいってしゃべっていました。
化鳥 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
いしのやうにだまつてしまつて、かう据身すゑみになつて、中空なかぞらつらぬくやうに、じりツとさををのばして、ねらつてるのに
化鳥 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)