“捨物”の読み方と例文
読み方割合
すてもの100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
分つは勿論の事なれども其中にも成るとざるとは大いにひあることなりへば町内に捨物の有りし時拔身白刄なりとも脇差何處其處これ有候とめて訴へればかに聞ゆるなりて此訟訴書の無事に御取上に成る樣にとて長助は種々に心を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)