“忠義者”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ちゅうぎもの100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“忠義者”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「ふふふ、まつろうは、かけにらねえ忠義者ちゅうぎものでげすぜ」
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
「この者たちは、いずれも父の小角しょうかくにつかえていた野武士でござりますが、きょうまで、わたくしとともにこの裾野へかくれ、折があれば呂宋兵衛るそんべえをうってあだをむくいようとしていた忠義者ちゅうぎものでござります。どうかこよいからは、わたくしともどもに、お味方にくわえてくださりますよう」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)