“御別”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おわか66.7%
おんわかれ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御別”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
先生の臨終の席に御別おわかれして、激しい心の動揺にされながらも、私はやむをえぬ事情のために、その晩の夜行で帰家の途に就いた。
指導者としての寺田先生 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
ではわたし御別おわかれにいたします、隨分ずいぶんからだをいとふてわづらはぬやうに、伯母おばさんをもはや安心あんしんさせておあげなさりまし
十三夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
返す返すもくやしき熱海の御別おんわかれの後の思、又いつぞや田鶴見たずみ子爵の邸内にて図らぬ御見致候ごけんいたしさふらふ而来このかたの胸の内
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
さやうに候へば、其節そのせつ御腹立おんはらだちも、罪ある身には元より覚悟の前とは申しながら、あまりとや本意無ほいな御別おんわかれに、いとど思はまささふらふ
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)