“尾崎紅葉”の読み方と例文
読み方割合
おざきこうよう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私の想像する新文学——そのころの新文学というと申すまでもなく尾崎紅葉幸田露伴崛起した時代で、二氏を始め美妙鴎外
俳句とはどんなものか (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
明治文壇を硯友社の一派が風靡したおりとて、紅葉館の女中の若い美女たちが、互いに好き好きの作者に好意を持つようになったのは、硯友社の尾崎紅葉氏が芝公園近くに生れて
大橋須磨子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
これは主として長田秋濤君の斡旋で成立したらしく、西園寺侯を主賓として、福地桜痴末松青萍尾崎紅葉高山樗牛の四氏、ほかに松居君と榎本虎彦君とわたしの三人が加えられた。
明治劇談 ランプの下にて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)