“季武”の読み方と例文
読み方割合
すえたけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さしずめ我等は綱、金時、得右衛門の頼光中央にして、殿貞光季武、それ押出せと五人にて、棍棒、鎌など得物を携え、鉢巻しめて動揺めくは、田舎茶番と見えにけり。
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
はへいきなをしていいました。貞光季武公時はいっしょになって
羅生門 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
貞光季武熊野権現におまいりをして、めでたい武運りました。
大江山 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)