“季康子”の読み方と例文
読み方割合
きこうし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
えて曰く、政は臣を選ぶにあり。季康子政を問う。きを挙げてこれをれる(人の上)にけば、すなわち枉れる者からん。康子盗をう。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
季孫に告げて事を計れと言う。季康子がこれに賛成する訳が無いのだ。孔子は君の前を退いて、さて人に告げて言った。
弟子 (新字新仮名) / 中島敦(著)
すると大夫の季康子がいった。——
現代訳論語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)