“奥山家”の読み方と例文
旧字:奧山家
読み方割合
おくやまが100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
からなぞは、とひながら、せばいゝのに、——それでも草履遠慮したが、雪靴穿いた奥山家旅人で、ぐい、と踏込むと、おゝい。
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
分けて恋のない——人を待つの絶えた——一人旅の奥山家、枕にづるゝ風は我をはむとする殺気を含む。
貴婦人 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
台所のは、奥山家孤家の如くにれている。
国貞えがく (新字新仮名) / 泉鏡花(著)