“天罰覿面”の読み方と例文
読み方割合
てんばつてきめん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そゞろにおこりし悪心より人を殺した天罰覿面てんばつてきめんかゝる最後をげるというも自業自得じごうじとく我身わがみかえってこゝろよきも、只不憫ふびんな事は娘なり、血縁にあらねば重二郎どの
さっきは、大丈夫だいじょうぶだと思った。話がうますぎた。昨晩、横着おうちゃくをしたのがわるかったのだ。天罰覿面てんばつてきめんである。
にんじん (新字新仮名) / ジュール・ルナール(著)
これを採用するときは天罰覿面てんばつてきめん、乗客は反省するであろう。
発明小僧 (新字新仮名) / 海野十三佐野昌一(著)