“大統”の読み方と例文
読み方割合
たいとう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
天下(一一)重器王者(一二)大統天下ふるきのきをしたるるに(一三)
国土を伝え、大統を継ぐにはなくてはならない朝廷の宝器である。ところがその玉璽は、洛陽の大乱のみぎりに、紛失したという沙汰がもっぱらであった。
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
虚心流無二のい手であるように、右近は、芸州浪人と名乗っているだけに、かの二見の片ほとりに発達しきたった、天馬をゆく独特の速剣観化流大統をつたうる
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)