“宝器”の読み方と例文
読み方割合
ほうき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
国土を伝え、大統を継ぐにはなくてはならない朝廷の宝器である。ところがその玉璽は、洛陽の大乱のみぎりに、紛失したという沙汰がもっぱらであった。
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
どんなことでも、この宝器のまえに神盟したことは、えないということが、代々武田家の鉄則であった。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と、本願寺側でも、その以前に、あらゆる什物宝器を展列して、いちいち目録を添え、を払い、め、立つ鳥水を濁さず——のことばの通りきれいにして去っていた。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)