“場塞”の読み方と例文
読み方割合
ばふさ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「せっかく親爺記念だと思って、取って来たようなものの、しようがないねこれじゃ、場塞げで」とした事も一二度あった。
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)
君おれたちは、善男善女でもこれで地獄は一遍たっぷり通って来た人間たちだよ。だが極楽もあまり永く場塞ぎしては済まないと思って、また地獄を
食魔 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
折角親爺記念だとつて、つてなものゝ、仕樣がないねぢや、場塞げで」としたも一二あつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)