“和魂漢才”の読み方と例文
読み方割合
わこんかんさい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ここに至って昔、日本で使われた「和魂漢才」とか「故知ふるきをたずねあたらしきをしる」とかいう言葉が観られます。
仏教人生読本 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
いにしえ、道真公が、和魂漢才えて、時人の弊風と、遣唐使の制をめたことがあるが、唐風の移入も、西欧の舶載も、春なれば春風の訪れ、秋なれば秋風の湿り、この国の梅や桜の色は変らぬ。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)