“倭漢三才図会”の読み方と例文
読み方割合
わかんさんさいずえ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
寺島良安の『倭漢三才図会』にも椿を倭字(日本字)だと書いてある。ゆえにこの椿はツバキと訓むよりほかにいいようはない。
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
今から二八二年前の正徳五年(1715)に発行の『倭漢三才図会』に「薄皮アリテ灰白色肉白ク頗ル麦蕈ニ似タリ煮テ食ウニ味淡甘ナリ」
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
また『倭漢三才図会』に蒜すなわち小蒜をコビル、メビルとしてあるのは古名に従ったので、それはよいとして、さらにこれをニンニクとしてあるのはよろしくない。
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)