“名駿”の読み方と例文
読み方割合
めいしゅん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
まだ、ろくに屋並も揃わないうちに、信長は、馬市を立てさせ、他国の相場以上に、どしどし名駿を買い上げた。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
見れば、大将軍袁紹が、門旗をひらいて馬をすすめてくる。黄金錦袍銀帯をい、春蘭と呼ぶ牝馬名駿螺鈿の鞍をおき、さすがに河北第一の名門たる風采堂々たるものを示しながら
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
駒は天下の名駿赤兎馬、飼い人は、三歳の児童もその名を知らぬはない英傑であられるのに、碌々として、他家に身を寄せ、この天下分崩、群雄の競い立っている日を、空しく鞭を遊ばせているのは
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)