“右隣”の読み方と例文
読み方割合
みぎどなり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「おい小泉やにすぢやないか‥‥」と、右隣いてゐる、これも一志願兵河野いた。
一兵卒と銃 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
代助の右隣には自分と同年輩の男が丸髷にた美くしい細君を連れててゐた。代助は其細君の横顔を見て、自分の近付のある芸者によく似てゐると思つた。左隣には男四人許ゐた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
この時僕は右隣にたちまち誰かの笑うのを聞いた。
不思議な島 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)