“台十能”の読み方と例文
読み方割合
だいじゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すぐに分った、店口を入る、茶のと正面の階子壇の下に、炭火のと起った台十能を片手に、立っていたのがすなわち内儀で。
卵塔場の天女 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「何もございませんけれど、」と、いや、それどころか、瓜の奈良漬。「山家ですわね。」と胡桃の砂糖煮。台十能に火を持って来たのを、ここの火鉢と、もう一つ。
鷭狩 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
峠路で売っていた、の腹ごもり、大蛇の肝、獣の皮というのはこれだ、と滑稽た殿様になっての熊の皮に着座に及ぶと、すぐに台十能へ火を入れて女中さんが上がって来て
眉かくしの霊 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)